隈 栄二郎




17.4.2更新

(2週間前分くらいの更新部分に マークがついてます)



変革の機制」 「〈自由〉を探した靴」 「光の国のダンサ
光と影とネズミの王様風とベイシティ・キャット
パリの爆薬 「行為の集成」 などの
行為理論に基づく社会学基礎理論・社会変動・社会運動を取り扱った
隈栄二郎 の著作紹介と質疑応答のページ




いらっしゃいませ。隈です。

  このページは、
1 私の著作についての紹介と、みなさんが不明に思う点、文句を言いたい点、などについて補足していくためのページです。
 現在はブログ更新にかまけていますが、ときどきひとり言のような感想を更新しています。


2 また、 隈の新規作品「歴史の中の行為  ―人間の絶対自由の社会へ」をネット配付(無料)しておりましたが、このたび増補し、改訂したものを出版することにしましたので、ネット配付は一時中止させていただきます。ご希望の方はお手数ですが、「隈へのお問合せ」メールにてその旨お知らせください。


隈栄二郎の紹介のページへ
 
隈栄二郎のブログへ

題 『リベルテールの社会学』
週1回くらいで更新します。お立ち寄りください。



(おそれいりますが、これよりも下記のリンク先ページにつきましては、字だらけで、とてもスマホ画面対応にするのが困難です。なんせただの素人。できましたらネットカフェ等をご利用の際についでにPCでご覧いただけたらと思います。どうせ、といってはなんですが、現在「著者紹介」でのよもやまばなし以外は、めったに更新しておりません。)

・ 隈の紹介 
   隈の紹介です。
・ 本の紹介
   隈の著作の紹介です。
・ 隈へのお問合せ
   隈のメールアドレスです。
・ 隈からのお答え
   これまでのご質問等へのお答えです。
今回のトピック
   05年に書いた、人間社会学的論考です。
・ (旧)今月の話題
   03年5月〜8月の社会学的論考です。
   03年9月〜04年2月の社会学的論考です。



《今回のトピック》コーナー。
 前8回の分、題名挙げておきます。

 過去の分も、アップしましたが、いまいちやる気が沸かないので羅列風。
 とりあえずボタンもできごころで。これは過去5回分



 で、これ、最近3回の分です。



 「60年安保闘争総括;その1」
  または、前衛神話の跋扈(ばっこ)の終焉(しゅうえん)

 「60年安保闘争総括;その2」
  または、革命「=戦争」史観の実例的破綻あるいは組織「=手段」論の実例的破綻

 「植民地論 ―― または国家間関係の重要な1様態」
  
2段階戦略論総括

 「組織のイデオロギーと組織が持つ社会連関」
  「労働者国家論」をめぐって
 

 「過渡期国家論」
  過渡期社会の規定と「理論」をめぐる若干の考察

 「社会システムとプロレタリア独裁」
  大審問官とスターリニズム(その1)

 「権力の行使と制約」
  大審問官とスターリニズム(その2)

 「資本主義の腐朽と世界変革」
   (結語に代えて)


「今月の話題」コーナー。
 今回再開した以前の分です。総集編を2つに分けて掲載してありますのでどうぞご覧になってください。
 
 03年5月〜03年8月は、こちら


 03年9月〜04年2月までは、こちらへ。

 中身は
 5月は宮台真司、橋爪大三郎、大澤真幸。テーマは「論理の陥穽」でした。
 6月はデュルケーム、ジンメル、ウェーバー、有賀喜左衛門。テーマは「因果連関の科学と歴史的世界の叙述の学」。
 7月は丸山真男、川島武宜、大塚久雄。テーマは「議論の中の事実と結論の乖離」
 8月はハーバーマス、ダーレンドルフ、ブルデュー、トゥレーヌ。その他。テーマは「真偽を度外視した社会学理論」
 9月は吉本隆明、鶴見俊輔、田川建三。テーマは、思想と倫理その1、「本当の思想;本当の倫理」
 10月は「社会の中の社会情報」その1、〈情報発信者の立場について〉。
 11月は「社会の中の社会情報」その2、〈アピールを受け取る者の立場について〉
 12月は「社会の中の社会情報」その3、〈行為者が、どんな情報に行為の原理・原則をゆだねるかについて〉
 1月は「社会の中の社会情報」その4、〈イデオロギー使用の無意識的側面、権力的関係の認知について〉
 2月は「思想と倫理のその2」。〈思想と倫理の違いから〉。

 



inserted by FC2 system