著者紹介のページ


隈 栄二郎


(ちょっと見づらいですね。と、知っていながら確信犯)



     私、隈は、01年6月付で、インターネット万能書店から「変革の機制−行為論的社会学基礎論」を公刊しました。
 ここの出版形式は、当時は、大変安く、理念を一人で背負った、みたいな社員が運営され、全国津々浦々の読者までカバーできる素晴らしいものだったのですが、欠点として読者の方がどれだけいるのか、読者の方が何を考えているのかどうもわかりませんでした。
 とくにこの「変革の機制」は、私が当初一般自費出版を覚悟していたため、予算の範囲内でできるだけ多くの情報を盛り込むという方針で書かれています。このため、思いきり舌足らずで、読者の方にはあれやこれや文章上の意味を取るのに苦労されているのではないか、と危惧されました。そこで、インターネット上で、読者の方が不明に思う点、文句を言いたい点、その他について補足していきたい、と思いこのページを作成しました。

 その後、著作も増え、WEBページでは立ち読みもできないので、3年5月から本の紹介などに手を入れ、また、本にする手前の論題なども加えながら本日にいたっております。


  隈 栄二郎の紹介

              「変革の機制−行為論的社会学基礎論」
              「〈自由〉を探した靴」(「変革の機制」のエッセンスの小説版) 
              「光の国のダンサー」(イデオロギーの基礎理論の小説版)
              「光と影とネズミの王様」(社会関係の基礎理論の小説版)
              
風とベイシティ・キャット」(いわゆる「知識社会学」の基礎理論の小説版)
              
パリの爆薬(国家と変革の基礎理論の小説版)
             
 「行為の集成」(上記著作のエッセンスを詰めた理論書)
              
歴史としての支配」(上記著作を基礎とした具体的歴史への応用理論の著)
               
の著者

   性 別:
   誕生星:
   血液型:
   性 格:
   男
   射手座
   AB型
   射手座のAB型

東京目黒区に生まれ、北部川崎に在住。
社会学(産業社会学・社会運動論)専攻。


 現在の専門領域は社会学基礎理論(行為論・運動論・イデオロギー論・社会関係論)。余技にマルクス・エンゲルス理論を手がける。
 社会学は、法則的な因果連関を提示する科学でなければならない、が持論。
 さらに、一般の人に読めなければ自分にとっての意味がない、が執筆方針。
 今は、著者の基礎理論に基づき、階級闘争がなぜ土台の指示から外れうるのかを明らかにした 「「上部構造」の社会学 ―主体の意思と歴史過程」が刊行されたところ。、、、え? そういう本だっけ?


だんだん本が増えてきてしまったので、ちょっと読書ガイドを。
 

 初めて隈理論に接する研究者には、断然 「行為の集成」 をお奨めします。まとまっているので読みやすい。

 初めて隈理論に接する普通の人は、 
「〈自由〉を探した靴」 がお奨めです。扱う範囲は限られていますが、なんといってもふつうに読みやすいと思われます。(ただし、こちらは(こちら以下も)書店注文ができないので、インターネット上の「万能書店」にて、お求めください)

 その他の本は、それぞれに愛着があるのですが、理論と物語が無理やり混在させられているところがありますので、隈に慣れてからがよさそうです。

 で、今回発売が
「「上部構造」の社会学」。これはなんといっても新刊本で、目下のところ一番の関心事ですので、皆様によろしく申し上げたいところです。詳しくはこの下へ。



今回配本
   『「経済を越える意思」 −「上部構造」の基礎理論』
は改め、


「『上部構造』の社会学」


                    ―主体の意思と歴史過程


 お待たせしました。隈行為論3部作の最終巻、 「行為の集成」「行為の反逆」に引き続いた3行為論、最終、「行為の戯れ」。
    ……違うし。
 もとい、上部過程論、『「上部構造」の社会学』 公刊開始!
 ・
 、、、あれ? あれれれれ? 上部構造。二重括弧だっけ? 初めて気づいた。あれ? 
 あれ? 原稿題だけ二重括弧だったし、、、文章中はカギ括弧だけどね。いけどさ。第三者がそれでいいなら。

 およそ社会の経過は唯物史観が示すとおり、人間の主観的意思の如何によるわけではない。下部構造たる経済過程に規定されたものである。
 しかしながら、それでは人間は歴史に流されるだけか、といえばそうではない。あるいは人間は歴史の必然を生きることが自由だ、などというマルクス主義者の言が真実であるわけでもない。
 逆である。人間は主体的に人間社会を変更することができるから、この移り変わる歴史が不可避的に存在するのである。
 本書は、人間が下部構造に規定されている、かのように見える規定性を明らかにしつつ、社会に表れた人間の主観的意思の観念性の秘密を暴き、他方、その下部構造の規定性を形成する行為者としての人間の行為論的自由の意志の歴史過程を明らかにするものである。

 戻って、「行為の戯れ」。いいと思うんだけどねえ。
 20年経ったときに、誰かが「歴史としての支配」を「行為の反逆」として、この「上部過程論」を「行為の戯れ」として、出版し直してくれるとうれしいものです。
 (というわけで次いれたので、キャプションを若干略しました。)

 次回論究

「歴史としての自由」
 
               −世界資本主義の論理

 「有史以後のすべてのこれまでの社会の歴史とは、国家による強奪の歴史である」。マルクスへの根底的な批判と共に今お届けする世界資本主義の過去と未来の真実。
 人類の歴史を彩り続ける不幸な、しかし栄光の諸闘争が、営々と形作ってきたこの人間の自由。これを全世界的に最終解決する未来とは?

 隈が自己の社会学の全論理を傾注して作り上げ、その実現を後に続く者たちに託す最後的論究がこれだ!

 って、例によってまだできとりません。
 もう少しだけ具体的に(?) 広告塔用ブログに書いておきましたので、2018.8.1付けブログをご覧ください。
 しかし、題、安直だよね。「支配」のと紛らわしいし、そのうち変えるかも。

    (執筆グチブログ)
 
 結論のくだらなさに筆が止まって3ヶ月、やってきました暮来月。困ったもんだ。
 これじゃあ1年の3分の1が止まったまま。もちろん中身は膨らませているとはいえ、そんなことはもっと老化してもできる。
 やっぱり同志がいないのが致命的。同志ったって、自称アナーキストはそんなに好きじゃないし、子供ばかり。無政府共産を叫べる人間なんてこの時代いないからね。といって学術ものは完結したから、大学・大学院の記憶は有効ではなく。先日、ミノルタ退職者の戦後的回顧録を読みましたが、そんなものでさえ、ないよりまし。
 ああ、赤と黒の二色旗はいずこ?

 困ったもんだ,、、、
 
   
   
 さて、やはりこちらの方が「純粋理性批判」の位置=グランドマスターピースでしょう、相変わらず日の目をみない「行為の集成」のキャプション、もう少しの時間、あげておきます。

 ”本書は、人間の行為がいかに社会を形作っていくか、という観点から、社会の行為への規定性を解明し、逆に行為による社会の規定性の変更過程を解明したものです。
 行為論といっても、行為者が働き生きる日常をトータルに把握するための因果連関の学としての社会学は、シンボリック相互作用論や現象学派のような、小さく区切られる社会的交渉の場での因果連関ではなく、全体社会という社会システムの中での因果連関を扱わなければなりません。
 本書は、個人行為が全体社会のメカニズムとなる一方、諸行為が全体社会を変更していく過程を明らかにし、それにより、私たちが行為者として社会事象に相対したときに、全体社会を変更することをめざす行為の創意、選択を可能とさせる理論提示です。

 このページの一番下、 【本の紹介】 リンク先に、もう少し詳しく載ってますので、どうぞ。


  なお、下は今は母屋のようにも見えるブログのリンクです。でもこっち(HP)が母屋。
  ブログはお客さんのためになることを書いてあります。こっちはただのダラダラ愚痴ですが。
 それだけに、わたくしにはこちらが母屋。
  隈のブログ★★




               

  なお、ここには英語用ホームページへのリンクがありましたが、ブラウザ変更を機に、削除されました。思えばこれも15年近く存在したはず。これも人生ですね (2016年11月26日記)




 ご照会のある方は こちら へどうぞ。


・今回のトピック
・ (旧)今月の話題
・ 本の紹介
・ 隈へのお問合せ
・ 隈からのお答え
・ ホーム

この新規マークは壁紙の分です。「壁紙見本の部屋」様謹製。ネットの上でもなんでも、好きな人と近づきたくない人っていまして、この人のなら使ってもいいな、と。本文のテーマとデザインが合わないけど.
 ときどき作成者様が更新されると、安心いたします。






inserted by FC2 system